powered by Google Translate
文字サイズ
背景色

輪之内町からのお知らせ

2020年11月25日 お知らせ

簡単手づくりマスクの作り方(平面型・立体型)

立体型・平面型の2種類のマスクの作り方について紹介いたします。是非、一緒に作ってみましょう。

平面型手づくりマスクの作り方

準備するもの(1枚分)

  • 表地 縦23cm:横24cm
  • 裏地 縦46cm: 横17cm
  • ゴム 概ね30cm~34cm・2本
    ※マスク用のゴムが不足しているため、帽子用のゴムやスパゲッティという紐など工夫するとよい。
  • 形状保持材 10cm・1本
    ※不足しているため、何かを代用するか、無くてもよい。

つくり方

  • 生地に型紙を置き裁断する。
  • 裏地を縦に半分に折りアイロンをかける。
  • 表地と半分に折った裏地を中表にして裏地を中央に置き上下端から1cmのところを縫う。
  • 筒状になった生地をひっくり返しアイロンをかける。
  • 上下、端から5mm程のところを縫う。
  • 上部に形状保持材を入れる場合は横から差し込み左右を縫い止めする。
    ※マスクの幅は95~100mmが理想です。
  • 生地を表面にし、タック部分を3ヶ所つまみアイロンをかける。
  • 両端を三つ折りにして裏側に折って縫い、ゴム通し部分をつくる。
  • ゴム通し部分にゴムを通し、結んだ端は縫いしろの中へ入れこむ。
    ※ゴム紐はゴムによって収縮がちがうため、長さを調節する

※A4サイズに合わせてあるため、本来のサイズより縮小されています。印刷された型紙に、縦・横ともに5cmほど足して使用しください。

立体型手づくりマスクの作り方

準備するもの(1枚分)

  • 生地 表地 縦19cm 横18cm・各2枚ずつ
    裏地 縦19cm 横18cm・各2枚ずつ
  • ゴム 概ね30cm~34cm・2本
    ※マスク用のゴムが不足しているため、帽子用のゴムやスパゲッティという生地など工夫するとよい。
  • 形状保持材 10cm・1本
    ※不足しているため、何かを代用するか無くてもよい。

つくり方

  • 生地に型紙を置き裁断する。
  • 表地のカーブのある方を中表して縫い合わせる。
    裏地も同様に縫い、カーブに沿って数か所に切れ込みを入れ、縫いしろをひらいてアイロンをかける。
  • 二組を開いて中表に合わせ、上下を縫う。
  • 筒状になった生地をひっくり返し、アイロンをかける。
  • マスクの上下、端から5mmのところを縫う。
  • 上部に形状保持材を横から差し込み左右を止め縫いする。
  • 両端を裏側へ三つ折に折って、ゴム通し部分を縫う。
  • 両端にゴムを通し、結んだ端は縫いしろの中へ入れこむ。
    ※ゴム紐はゴムによって収縮が違うため長さを調節する。

お知らせ一覧へ戻る

矢印 アクセス 窓口受付時間 各課のご案内 お問い合わせ 設定 検索 お知らせ