町長メッセージ

                     2020/09/3
町民の皆様へ

 
 新型コロナ感染症対策として、岐阜県では「第2波非常事態」が宣言されていましたが、最近の感染の収束傾向から9月1日に解除されました。輪之内町でも7月30日に町内初の感染者が確認されましたが、それ以降は、現在に至るまで感染者は出ていない状況です。
 全国的にも感染者数はやや減少傾向にあるものの、まだまだ注意を怠るべきではない状況が続いています。岐阜県でも非常事態の解除宣言にあたり、なお慎重に感染状況の推移を注視することとしています。対策を緩和すれば再び全国的に感染拡大もありうる状況であり、今後の動向をしっかり見極めていく必要があります。
 
 私から町民の皆様に再度大切なお願いをします。
 
 日常生活に必要な場合を除き、引き続き不要不急の外出を自粛してください。人と人との接触をできるだけ避けていただきたいのです。また、多人数の人々が参加するイベントやパーティーなども自粛をお願いします。密集・密閉・密接のいわゆる「3密」状態を徹底的に避け、マスク着用や手指消毒を怠らないでください。皆様方一人一人の節度ある行動が、医療関係者の過度の負担を防止し、かつ新型コロナ感染症の早期収束につながることは明らかです。
 
 新型コロナウイルス感染症対策は、誰もが経験したことのない、姿の見えない敵との戦いです。現状では予防ワクチンも開発途上であり、治療も対症療法に依るしかない状況です。徹底した感染予防をするしかありません。町民の皆さん一人一人の節度ある行動が、感染拡大を防ぐためには何よりも大切です。ご協力を重ねてお願いいたします。相変わらずの酷暑が続くとともに、災害多発の時季になります。どうかご自愛ください。
 
 
                                                   町長  木野