町長メッセージ


                                 2020/05/20
                 町民の皆様へ 
 
 政府は新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言について、岐阜県を含む39県の解除を決定しました。同時に、岐阜県は重点的な対策が必要とされた13の特定警戒都道府県の対象からも外されました。最近の岐阜県の状況を見ますと5月21日の時点で感染者150人、死者7人の状況であり、約3週間にわたり新たな感染者は確認されておりません。幸いなことに輪之内町で感染者は発生しておりませんが、これは町民の皆様方の感染防止に向けた徹底した取り組みの成果と受けとめています。
 
 これからはコロナ感染症対策と経済再生そして学校再開を同時並行的に進めていくこととなります。いうまでもなく、緊急事態宣言は決して安全宣言ではありません。長い外出自粛、休業要請、学校休業等の解除で、ようやく日常を取り戻す希望が出てきた一方で、気を緩めれば第2波、第3波の感染に直面することになりかねません。岐阜県については新規感染者ゼロの状況を踏まえ緊急事態宣言が解除されたものの、特定警戒の8都道府県での感染がいまだ多数確認されています。治療薬やワクチンが開発されていない状況ではウイルスとの戦いが終わったとは言えません。

 私から町民の皆様へお願いがあります。自粛からやっと解放されたとの思いはお持ちでしょうが、引き続き、密閉・密集・密接のいわゆる「3密」を避けること、手指の消毒、マスクの着用、店舗や施設の消毒等、身近な環境を衛生的に保つことを徹底していただきたいのです。「感染しない、感染させない」行動をするのが必要だと思っています。

 長期間の休業が続いている小中学校は6月1日の再開に向けて準備を進めております。輪之内町では5月最終週に登校日を設け、6月1日からは学校授業を再開します。6月第1週は学年・学級を2つに分割し午前・午後に分散登校することとし、6月第2週の8日からは平常の授業で給食も再開します。また授業時間を確保するため、夏休みも短縮することとします。さらに必要な時間数が確保できないときは月一回程度の土曜授業も行います。学校再開や今後の授業日等の詳細については後日お子様を通じてお知らせします。
 こども園については5月25日から受け入れを再開し、6月1日からは給食も再開します。
 
 新型ウイルス感染症対策には、気の緩みが許されません。国県の施策と連携しつつ適切に対応してまいりますのでよろしくご理解ください。
 
 
                                                   町長  木野