固定資産(土地)の評価方法の変更について

固定資産(土地)の評価方法の変更について

 固定資産税(土地)については、3年に1度評価替えを行います。平成30年度評価替えから、雑種地の評価方法について次のとおり変更します。(基準日:平成30年1月1日)

 

1.農地転用許可を受けた土地

平成27年度評価まで
(平成29年度まで)

平成30年度評価替え

(平成30年度から)

農地転用許可を受けた土地に
ついては、利用目的に関わらず宅地として評価しています。

農地転用許可を受けた土地については、
利用目的に応じて次のとおり評価します。

主な利用目的

課税地目(評価額)

駐車場(舗装有)

雑種地

(宅地比準100%)

駐車場(未舗装)

雑種地

(宅地比準80%)

資材置場

太陽光
発電施設用地※

雑種地

(宅地比準60%)

※ 太陽光発電施設用地については平成29年度から実施

 

2.その他雑種地の評価額について

1.その他雑種地の評価額を次のとおり追加します。

平成27年度評価まで
(平成29年度まで)

平成30年度評価替え

(平成30年度から)

雑種地

評価額 21.16円/㎡

利用目的

評価額

変電所

宅地比準80%

鉄塔敷地

宅地比準50%

利用目的不明

宅地比準20%

私道

宅地比準15%

堤外地

評価額 50円/㎡

・岐阜県廃棄物処分場に関する指定区域

・長期間利用が認められない土地

評価額 21.16円/㎡

 

3.高圧線下にある土地について

  高圧線下にある土地(宅地、宅地比準の雑種地)について、次の補正を追加します。

線下割合

20%未満

20%以上

線下割合=線下面積÷土地面積×100

線下面積は、登記された地役権面積です。

補正率

0.9

0.8

 

課税地目は原則一筆ごとに認定しますが、隣地と一体利用が認められるときは、隣地と同一の課税地目として認定する場合があります。

(例)建物敷地として一体利用が認められる駐車場 → 宅地として地目認定

このページの担当
連絡先電話番号 0584-69-3111または050-5808-9600
連絡先FAX番号 0584-69-3119
所属名 税務課