ホーム > くらし・手続き > 証明 > 住民基本台帳カードの継続利用手続き

住民基本台帳カードの継続利用手続き

これまで、住民基本台帳カード(以下、「住基カード」)をお持ちの方が他市町村へ転出する場合、住基カードは廃止となってしまいましたが、平成24年7月9日より、市区町村を越えて引っ越ししても、新住所地で継続利用手続きを行うと引き続き住基カードが使用できるようになりました。

住基カードの継続利用を希望する転入届(転入届の特例)の際の注意点

転出の際

  • 住基カードの継続利用の意思表示が必要です。
    住基カードの継続利用をご希望の場合、転出届の際に窓口でその旨をお伝えください。
    特に転出届を郵便でされる場合は、住基カードの交付を受けていて継続利用を希望する旨と、昼間に連絡のとれる電話番号を必ず記入してください。
  • 転出届の提出期間が決められています。
    転出前であれば、転出予定日の14日前から、転出後であれば転出日(引っ越した日)から30日以内(原則14日以内)に転出届をされた人が継続利用の対象となります。

転入の際

  • 継続利用を希望する人全員の住基カードが必要です。
    継続利用の手続きには、継続利用を希望する全ての方の住基カードと暗証番号(住基カードの発行時に登録している4桁の番号)が必要です(同一世帯であれば代理でできます)。転入届の際に継続利用の手続きができなかった方は、転入届出日から90日以内に手続きすれば、継続利用できます。
  • 転入届の提出期間が決められています。
    転出日(引っ越した日)から30日を越えて転入届をする場合、住基カードの継続利用はできません。また、60日以上経過した場合、住基カードを利用した転入届ができませんので、再度今までお住まいだった市区町村に転出届をし、転出証明書をお持ちいただくことになります。

その他

  • 住基カードの名義人以外の方が転入届の特例の手続きをされる場合は、事前に暗証番号をご確認ください。
  • 電子証明書は転出により失効となりますので、再度申請が必要です。

住民基本台帳カード (PDFファイル 503KB)

このページの担当
連絡先電話番号 0584-69-3111または050-5808-9600
連絡先FAX番号 0584-69-3119
所属名 住民課