ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 不妊治療助成

不妊治療助成

特定不妊治療費助成

輪之内町では、不妊治療を受ける夫婦の経済的負担の軽減を図るため、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に要した費用の一部を助成しています。

対象の医療

岐阜県の定める指定医療機関にて受けた体外受精及び顕微授精

対象者

次の全てに該当する方

①不妊症の治療のうち、特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に判断された方。

②特定不妊治療の開始時点において法律上の婚姻をしている夫婦であり、治療期間及び申請日のいずれにおいても夫又は妻のいずれか一方又は両方が町内に住所を有する方。ただし、他の市町村から特定不妊治療に係る助成を受けた方(又は受ける予定の方)を除く。

③夫婦の前年(1月から5月までの申請については前々年)の所得の合計額が730万円未満である方。

助成額

1回の治療につき10万円を上限に助成

助成期間及び回数

期間は通算5年度間、回数は通算10回まで

申請手続き

1回の治療終了の都度、下記の書類をそろえて、輪之内町保健センターまで提出して下さい。
※治療終了日の属する年度の末日(3月31日)まで

手続きに必要なもの

① 輪之内町特定不妊治療費助成事業申請書
② 特定不妊治療費助成受診等証明書
③ 特定不妊治療を受けた医療機関発行の領収書(原本)
④ 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明する書類
⑤ 夫及び妻の住所を確認できる書類
⑥ 夫及び妻の前年の所得を証明する書類(児童手当法施行令による控除が確認できる所得証明書)
⑦ 岐阜県の特定不妊治療費助成事業の対象になった方は、その認定通知書(ただし、④及び⑥の添付書類は不要になります)
⑧ 請求書(日付を空欄)

特定不妊治療費助成について(PDFファイル 84KB)

輪之内町特定不妊治療費助成申請書(PDFファイル 44KB)

特定不妊治療費助成受診等証明書(PDFファイル 37KB)

請求書(特定不妊治療)(PDFファイル 39KB)

リンク先

男性不妊治療費助成

 輪之内町では、不妊治療を受ける夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療に要した費用の一部を助成しています。平成27年度より男性不妊治療費の助成を開始しました。
※平成27年4月以降に行った治療より申請できます。岐阜県特定不妊治療費助成事業への申請が優先となります。

対象の医療

岐阜県の定める指定医療機関にて受けた、特定不妊治療に至る過程の一環として行われる、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術等の保険適用外治療。

対象者

次の全てに該当する方

①岐阜県特定不妊治療費助成事業による男性不妊治療費助成の承認決定を受けている方。

②輪之内町特定不妊治療費助成事業の承認決定を受けている方。

※1 ①については、岐阜県特定不妊治療費助成事業に係る助成期間及び回数が終了した方も含む。

※2 ②については、岐阜県特定不妊治療費助成事業の承認決定を受けることにより、輪之内町特定不妊治療費助成事業の助成金が生じない方を含む。

助成額

1回の治療につき5万円を上限に助成
※岐阜県特定不妊治療費助成事業による男性不妊治療費助成の助成金額を控除した額が対象となります。

助成期間及び回数

輪之内町特定不妊治療費助成事業に準じ、期間は通算5年度間、回数は通算10回まで。
※輪之内町特定不妊治療費助成事業に係る助成期間及び回数が終了した場合は、輪之内町男性不妊治療費助成事業における期間及び回数も終了したものとみなします。

申請手続き

岐阜県特定不妊治療費助成事業(県事業)による男性不妊治療費助成の承認決定を受けている方は、県事業の承認決定を受けてから1年以内に、県事業の助成期間及び回数が終了した方は治療が終了した日の属する年度内に、下記の書類をそろえて輪之内町保健センターまで提出してください。

手続きに必要なもの

①輪之内町男性不妊治療費助成事業申請書
②輪之内町男性不妊治療費助成事業受診等証明書
③男性不妊治療を受けた医療機関発行の領収書(原本)
④岐阜県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し(※1の場合を除く)
⑤夫及び妻の住所を確認できる書類(※2に該当する場合)
⑥請求書(日付を空欄)

男性不妊治療費助成について(PDFファイル 338KB)

輪之内町男性不妊治療費助成事業申請書(PDFファイル 76KB)

輪之内町男性不妊治療費助成事業受診等証明書(PDFファイル 60KB)

請求書(男性不妊治療)(PDFファイル 45KB)

リンク先

一般不妊治療(人工授精)費助成

 輪之内町では、不妊治療を受ける夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療に要した費用の一部を助成しています。平成27年度より一般不妊治療(人工授精)費の助成を開始しました。
※平成27年4月以降に行った治療より申請できます。

対象の医療

産科、婦人科及び産婦人科又は泌尿器科及び皮膚泌尿科を標榜する医療機関にて受けた人工授精に係る保険適用外治療

対象者

次の全てに該当する方

①一般不妊治療の開始時点において法律上の婚姻をしている夫婦であり、治療期間及び申請日のいずれにおいても夫又は妻のいずれか一方又は両方が町内に住所を有する方。ただし、夫婦の住所が異なる場合は、他の市町村で重複して申請をしていない方。

②夫婦の前年(1月から5月までの申請については前々年)の所得の合計額が730万円未満である方。

助成額

本人負担額の1/2で、1年度に5万円を上限に助成
※1年度とは、3月から翌年2月の診療分

助成期間

治療を開始した日から継続する2年間
注1)第1年度目の助成期間が12か月未満でかつ助成額が5万円未満の場合は、第3年度目の治療について、第1年度目の満たなかった月数及び額を上限に助成が受けられます。
注2)医師の診断に基づき、やむを得ず一般不妊治療を中断した場合、当該期間に相当する日数を助成対象期間に加算することができます。
注3)この事業による助成金の交付を受けた夫婦が妊娠もしくは出産した後、新たな妊娠をするために一般不妊治療を行う場合は、治療の開始日より再び2年間の助成を受けることができます。
注4)岐阜県内の他の市町村で助成を受けた場合、輪之内町からの助成は、他の市町村で受けた助成額及び助成期間を差し引いた分となります。

申請手続き

治療終了分をまとめて、提出期限内に下記の書類をそろえて、輪之内町保健センターまで提出してください。
*3月から翌年2月の診療分について、4月から翌年3月までに申請して下さい。

手続きに必要なもの

① 輪之内町一般不妊治療(人工授精)費助成事業申請書
② 輪之内町一般不妊治療(人工授精)費助成事業受診等証明書
③ 一般不妊治療(人工授精)を受けた医療機関発行の領収書(原本)
④ 法律上の婚姻をしている夫婦であることを証明する書類
⑤ 夫及び妻の住所を確認できる書類
⑥ 夫及び妻の前年の所得を証明する書類(児童手当法施行令による控除が確認できる所得証明書)
⑦ 請求書(日付を空欄)

一般不妊治療(人工授精)費助成について(PDFファイル 307KB)

輪之内町一般不妊治療(人工授精)費助成事業申請書(PDFファイル 142KB)

輪之内町一般不妊治療(人工授精)費助成事業受診等証明書(PDFファイル 94KB)

請求書(一般不妊治療)(PDFファイル 45KB)

このページの担当
連絡先電話番号 0584-69-5155または050-8026-8967
連絡先FAX番号 0584-69-5156
所属名 保健センター