ホーム > 事業者向け > 農地中間管理事業

農地中間管理事業

農地中間管理事業とは

農地中間管理事業とは、新しい農地の貸し借りの仕組みで、「農地中間管理機構」が農地の中間受け皿となり、耕作を続けることが難しくなった農地を機構が借り受け、担い手がまとまりのある形で利用できるよう配慮し、農地貸付けを行う事業です。
※岐阜県では、(一社)岐阜県農畜産公社が農地中間管理機構として県の指定を受けました。

  • 耕作を続けることが難しく、農地を貸したいが知らない人に貸すのは不安… 
  • 農地を借りて規模拡大したい… 
  • 農地を集約して経営を効率化したい…

そんなときは 農地中間管理事業を活用しましょう!

お気軽にご相談ください。

農地中間管理事業について(パンフレット)(PDFファイル 1112KB)

農地の借受希望者を募集します!

募集概要

応募対象者

次に掲げる要件をすべて満たす者

  1. 借り受ける農地について、その全てを効率的に利用し耕作を行う者
  2. 募集結果の公表(岐阜県農畜産公社ホームページ上にて)について同意した者
    公表する項目
    1. その氏名又は名称
    2. 当該区域内の農業者、区域外の農業者、新規参入者の別
    3. 借受を希望する農地の種別、面積 
    4. 借り受けた農地に作付けしようとする作物の種別

募集区域及び募集期間

下記ホームページにてご確認ください。

応募方法

希望者は役場産業課に申込書がありますので、必要事項を記入のうえ提出してください。

詳しくは役場産業課までお尋ねください。

貸付希望農地を募集します!

募集概要

機構が借り受けるにあたる条件等

・対象農地が「農業振興地域」であること
 ・利用が著しく困難な遊休農地等や、受け手が見込まれない農地ではないこと
 ・貸付期間が概ね10年以上であること
 ・農地の貸付先(受け手)の決定は、機構へ一任頂くこと
  ※別途実施する借受希望者の募集に応じた担い手等へ、一定のルールに基づき貸し付けることになります。
 ・機構が借り受けてから2年間を経過しても貸付先が決まらない場合などは、契約を解除する場合があります。

募集期間

随時、受け付けいたします。

応募方法

希望者は役場産業課に申込書がありますので、必要事項を記入のうえ提出してください。

詳しくは役場産業課までお尋ねください。

提出先 及び 問い合わせ先

輪之内町役場 産業課 又は 安八営農経済センター
  又は  
一般社団法人岐阜県農畜産公社農地部
〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南五丁目14番12号
         (岐阜県シンクタンク庁舎内)

このページの担当
連絡先電話番号 0584-69-3111または050-5808-9600
連絡先FAX番号 0584-69-3119
所属名 産業課