既に実質化された「人・農地プラン」の公表について

人・農地プランについて

「人・農地プラン」とは

 人・農地プランは、農業者が話し合いに基づき、地域における農業において中心的な役割を果たすことが見込まれる農業者(中心経営体)、当該地域における農業の将来の在り方などを明確化し、市町村により公表されるものです。
この制度は平成24年に開始され、輪之内町では全域を一つの地区と位置づけ、「人・農地プラン」を作成しています。

 このたび、農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)が一部改正され今後、地域の特性に応じて市町村、農業委員会、農業協同組合、農業共済組合など地域のコーディネーター役を担う組織と農地中間管理機構が一体となって推進する体制を作り、人・農地プランを核に農地の利用集積・集約化をを一体的に推進していくことになりました。

既に実施化された「人・農地プラン」の公表について

 人・農地プランの具体的な進め方について(令和元年6月26日付け元経営第494号農林水産省経営局長)に基づき、現在の輪之内町「人・農地プラン」の区域が既に実質化されていると判断しますので、次のとおり公表します。

既に実質化された人・農地プラン一覧(PDFファイル 65KB)

このページの担当
連絡先電話番号 0584-69-3138
連絡先FAX番号 0584-69-3119
所属名 産業課

*役場閉庁時は宿日直者による電話対応となりますので、これまでどおり代表電話(69-3111)へお掛けください。